ネタバレ・考察

【呪術廻戦】80話あらすじ・ネタバレ【真人VS与幸吉(メカ丸)】

呪術廻戦80話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦80話宵祭り(よいまつり)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦79話より

呪詛師と通じている内通者発覚

その人物はなんと、京都校の学生である与幸吉(メカ丸)でした。

早速、歌姫と東京校の一年生達は、メカ丸本体がいる地下に行くのですが、そこには誰もいません。

与幸吉は、別の場所で、真人と偽夏油と会っていたのです。

与幸吉は情報を提供するかわりに、真人の『無為転変(むいてんぺん)』で体を治すという縛りを結んでいました。

真人は与幸吉の体を治します。

そして「始めようか」と言い、戦いに突入するのでした。

呪術廻戦80話のあらすじ・ネタバレ

真人VS与幸吉(メカ丸)

出典:呪術廻戦80話より

真人と与幸吉の戦いが始まります。

偽夏油が「手伝う?」と聞きますが、断る真人。

真人は、与幸吉のことをおもちゃ扱いしていました。

与幸吉は、複数のメカ丸で攻撃を開始します。

真人は腕を大きくさせ、メカ丸を一掃しますが、その内に与幸吉は逃走するのでした。

与幸吉は真人達を殺す必要はありません。

逃走したと思い、「つまんな」「今は狩りじゃなくて勝負がしたいんだよ」と呟く真人でしたが、突如地面が崩壊し、水の中から巨大なものが出てくるのでした。

究極メカ丸絶対形態

出典:呪術廻戦80話より

水の中から出てきたのは、巨大なメカ丸でした。

究極メカ丸絶対形態(アルティメットメカまるモード・アブソリュート)

与幸吉は、ひそかに作っていたのです。

いいんじゃない!?」と嬉しそうに呟く真人。

真人は、究極メカ丸の頭部に操縦席があり、本体がいると予想します。

真人の予想通り、頭部の中には与幸吉がいました。

与幸吉は、電波が断たれていることを知り、偽夏油が帳(とばり)を降ろしていることに気づきます。

五条悟のようにはいかないか」と冷汗を流す与幸吉。

帳(とばり)のせいで閉じ込められた与幸吉は、舌打ちをするのでした。

与幸吉の考え

出典:呪術廻戦80話より

閉じ込められた与幸吉は、以下のことを考えるのでした。

  • 勝利条件は五条悟
  • 帳(とばり)を抜け出し、五条に渋谷の計画を伝える
  • 帳(とばり)を降ろした偽夏油に集中するには真人が危険すぎる
  • 真人を先に祓う(はらう)

以上のことを考える与幸吉。

偽夏油は戦いに参加する気はないようで、「どーぞ、お気になさらず」と余裕そうにしていました。

状況は最悪ですが、今まで全て見てきた与幸吉には勝算があるのでした。

秘策を企む与幸吉

出典:呪術廻戦80話より

与幸吉には、天与呪縛(てんよじゅばく)で縛られていた年月、約17年分の呪力がありました。

出し惜しみはしない」と言い、1年分の呪力で真人に攻撃します。

大祓砲(ウルトラキャノン)』は真人に直撃しますが、究極メカ丸の攻撃では、魂を傷つけることができません。

俺の呪力が尽きるまで焼き続ける気か?」「まずは操縦席から引きずり出してやる」と呟く真人。

究極メカ丸の攻撃は続きました。

素早いパンチを何発も繰り出しますが、簡単に避けられてしまいます。

真人は魚に変身し、水の中を泳ぎ始めるのでした。

究極メカ丸は、2年分の呪力を使い、『二重大祓砲(ミラクルキャノン)』を放ちます。

真人は究極メカ丸の攻撃をくらっても、ダメージがゼロなので、気にせずに攻撃をしていました。

攻めの姿勢を崩さない真人。

ですが、それが与幸吉の作戦でした。

究極メカ丸の攻撃では、魂に攻撃できないと思わせることが狙いで、「そこにコレをブチ込む」と右手に何かを持って、秘策を企んでいるのでした。

呪術廻戦80話の登場キャラクター

呪術廻戦80話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

80話登場キャラクター

  • 与幸吉(むたこうきち)
  • 真人(まひと)
  • 夏油傑(げとうすぐる)

呪術廻戦80話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦80話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
与幸吉 傀儡操術かいらいそうじゅつ
真人 無為転変むいてんぺん

次回のあらすじ

呪術廻戦81話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】81話あらすじ・ネタバレ【与幸吉の秘策が炸裂!】

続きを見る

-ネタバレ・考察

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-