ネタバレ・考察

【呪術廻戦】64話あらすじ・ネタバレ【虎杖への恋心】

呪術廻戦64話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦64話そういうこと』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

戦いを終えた虎杖と釘崎は、伏黒のもとに向かいます。

人間を殺してしまったことに心を痛める虎杖に対し、釘崎は「共犯ね、私達。」と声をかけるのでした。

伏黒は、戦いの中で知った共振について釘崎に話し、虎杖には言わないでほしいと伝えます。

そんな中、東堂と冥冥めいめい楽巌寺がくがんじ学長のもとを訪れていました。

2人は、楽巌寺学長に禪院真希ぜんいんまき・パンダ・伏黒恵・釘崎野薔薇・虎杖悠仁の5名を1級術師に推薦すると告げるのでした。

呪術廻戦63話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】63話あらすじ・ネタバレ【1級術師への推薦】

続きを見る

呪術廻戦64話のあらすじ・ネタバレ

東堂の考える青い未来

出典:呪術廻戦64話より

東堂と冥冥は楽巌寺学長を訪れた後、卓球勝負をしにきていました。

2名以上の1級術師から推挙された人は、現役の1級、または、1級相当の術師と共に幾度か任務をこなします。

そこで適正アリと判断されれば準1級へと昇級し、次は単独での1級任務へ指名されます。

その任務の結果によって正式に1級術師になるかどうかが決まるのです。

東堂は、宿儺すくなが協力的でない以上、との遭遇率を上げるには任務の危険度を上げていく必要があるため、虎杖は絶対に推薦を受けると考えます。

つまり、"東堂葵と虎杖悠仁が共に任務へと立ち向かう青い未来"が存在しているのだと東堂は話すのでした。

同行する1級術師が自分とは限らないが、「もげた林檎が地に落ちるが如く!俺たちは惹かれ合う!そう、正に"運命"」と言い、虎杖とのを語るのでした。

そんな東堂に対し、被推薦者が同行するのは推薦者以外の術師なので、自分たちが虎杖に同行することはないと冥冥は告げます。

東堂は、青い未来が叶わないことを知り絶望するのでした。

虎杖の同級生、登場

出典:呪術廻戦64話より

任務が終わり街をブラブラしていた釘崎は、女性に「さっき虎杖君と一緒にいませんでした?」と話しかけられます。

彼女は"小沢優子"といい、虎杖の中学の同級生だったのです。

中学時代の小沢の写真を見た釘崎は、見た目の変化に驚きます。

卒業から身長が15cm伸び、環境の変化によるストレスで体重もかなり減ったと言います。

小沢は、中学の卒業式で虎杖と一緒に写っている写真を見せるのでした。

卒業式の日、勇気を出して一緒にとってもらったと顔を赤らめて話す小沢。

その時連絡先を聞きたかったが、自分は卒業後東京に引っ越すことが決まっていたため、勇気が出ず聞くことができなかったと話すのでした。

でもさっき虎杖君を見かけて、今の私ならもしかしたらなんて…」と言う小沢。

釘崎は一瞬驚くも、「つまりそういうことね。」と小沢の恋心を察知するのでした。

伏黒、会議に参加

出典:呪術廻戦64話より

小沢の気持ちを知った釘崎は、伏黒を呼び出すのでした。

待っている間、小沢は釘崎も虎杖のことが好きなのではないかと問いかけます。

釘崎は食い気味で「ない。天地がラパンダを踊ってもない。」と否定しますが、その時なぜか胸がもやっとするのでした。

合流した伏黒は釘崎に状況を聞き、「つまりそういうことか。」と、釘崎同様すぐに察知するのでした。

伏黒は、

  • 急に東京に来ることになっても特に困った様子はなかった
  •  

  • 部屋にグラビアのポスターが貼ってある

ことから、虎杖に彼女はいないだろうと予想します。

虎杖の好きなタイプについて「背が高い子が好きって言ってたな」と伏黒が話した瞬間、釘崎と小沢は目を合わせ乾杯します。

勝算アリと判断した釘崎は、虎杖を呼び出すのでした。

虎杖と小沢の再開

出典:呪術廻戦64話より

3人のもとに、ついに虎杖がやってきます。

釘崎は、小沢のことを虎杖にまだ話していなかったことに気づき焦ります。

小沢は中学時代から見た目がかなり変化してるため、虎杖は誰だかわからず小沢を傷つけてしまうのではないかと危惧します。

そんな釘崎の心配をよそに、虎杖は「あれ、小沢じゃん。なにしてんの?」と声をかけるのでした。

その瞬間、小沢は中学時代を思い出します。

クラスの女子の中で誰が好きか聞かれた虎杖が「…強いて言うなら小沢。」と話していたことを、小沢は陰で聞いていました。

周りの男子は「いやいや、デブじゃん。」と小沢の悪口を言いますが、「でもさアイツ食い方とか字とか色々すげー綺麗なんだよ。」と小沢のことを褒めていたのです。

"虎杖君は私が知らない私を見てくれる"と思う小沢。

見た目だけで評価する虎杖以外の男の子は嫌いと思っていたが、"今の私ならもしかしてなんて…"と考えていた自分も、その人たちと同じ尺度で生きていると気づかされるのでした。

虎杖と別れを告げた小沢はを流します。

小沢を見送った後、釘崎は「ようやく自分の気持ちに気づいたわ。私が彼氏を作るより先に、虎杖に彼女ができるのがなんかムカつく。」ともやっとした理由について伏黒に話すのでした。

呪術廻戦64話の登場キャラクター

呪術廻戦64話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

64話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 釘崎野薔薇(くぎさきのばら)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 東堂葵(とうどうあおい)
  • 冥冥(めいめい)
  • 小沢優子(おざわゆうこ)

次回のあらすじ

呪術廻戦65話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】65話あらすじ・ネタバレ【五条と夏油に与えられた任務】

続きを見る

-ネタバレ・考察

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-