ネタバレ・考察

【呪術廻戦】60話あらすじ・ネタバレ【受胎九相図、三人の絆】

呪術廻戦60話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦60話起首雷同-陸-(きしゅらいどう-ろく-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

伏黒はついに領域展開を会得し、特級呪物とっきゅうじゅぶつ九相図くそうず」より受肉した特級呪霊の一人を撃破しました。

伏黒の回想シーンにより、伏黒の中学時代の様子や、姉の伏黒津美紀ふしぐろつみきが呪われ、現在も寝たきりになっていることが明らかになりました。

伏黒は、特級呪霊との戦いの後、力尽きて入眠してしまいます。

別の特級呪霊"壊相えそう"と戦っていた釘崎。

背中がコンプレックスなので見たら殺すと話す壊相の背後から、虎杖が登場してしまいます。

ブチ切れた壊相は、蝕爛腐術 極ノ番「翅王」を発動したのでした。

呪術廻戦60話のあらすじ・ネタバレ

蝕爛腐術しょくらんふじゅつ 極ノ番ごくのばん翅王しおう

出典:呪術廻戦60話より

虎杖に背中を見られてしまいブチ切れる壊相は、蝕爛腐術 極ノ番「翅王」を発動し「バチ殺し!」と叫びます。

壊相が「走りなさい、背中を向けて。」と言った瞬間、壊相が操る血液が虎杖達を襲ってきます。

壊相の血液に触れるのは危険だと判断した虎杖と釘崎は、全速力で攻撃から逃げるのでした。

釘崎が追い付かれそうになったため、虎杖は釘崎を抱えさらにスピードを上げます。

虎杖の人間離れした運動能力によって、森を抜け射程範囲外の場所まで逃げ切ることができたのでした。

虎杖、不意打ちを食らう

出典:呪術廻戦60話より

壊相の攻撃から逃げ切ることができ、安心していた虎杖と釘崎。

その瞬間、先回りしていたもう一人の呪霊"血塗けちず"が出現し、虎杖は顔面に血液を吹きかけられてしまいます。

虎杖を心配する釘崎は、背後から追ってきた壊相に攻撃されに血を浴びてしまいました。

壊相の血は融解性があり、全身にでも浴びない限り死ぬことはないですが、浴びると死ぬほど痛みます。

そして壊相は「私たちの術式はここからです。」と言い、蝕爛腐術「きゅうを発動するのでした。

蝕爛腐術しょくらんふじゅつきゅう

蝕爛腐術「朽」は、兄弟のどちらかのを取り込み、どちらかがこの術式を発動することで、粘膜傷口などから侵入し腐食が始ってしまうという術式です。

2人とも血液を浴びているため、虎杖はもって15分、釘崎は10分が限界と伝えますが、術式の開示をしたため実際にはもっと早く死んでしまうだろうと壊相は予想します。

打つ手のない2人に対して、壊相は「さてどうします?」と二人を挑発するのでした。

九相図1-3番の兄弟愛

出典:呪術廻戦60話より

明治の始め、呪霊の子をはら特異体質の娘がいました。

呪霊と人間の混血の子であったため、周りからの風当りがひどく娘は山向こうの寺に駆け込んだそうです。

しかし、その寺は多くの呪術文化財と共に史上最悪の術師として名を残す御三家の汚点"加茂憲倫かものりとし"が開いた寺だったのです。

彼は呪霊と人間の間に生まれた子にになってしまいます。

九度の懐妊、九度の堕胎

それによって生まれたのが受胎九相図じゅたいくそうずだったのです。

母の記憶はなく、人間にも術師にも特別恨みがあるわけではない。

「受胎九相図」1-3番である脹相ちょうそう、壊相、血塗の3人は、150年お互いの存在だけを頼りに封印を保ってきたのです。

受肉した3人は、呪霊が描く未来のほうが自分たちにとって都合がいいため、呪霊側につくことを決断しました。

長男である脹相は、「壊相は血塗のために。血塗は俺のために。俺は壊相のために生きる。俺たちは3人で1つだ。」と告げ、絆を深めるのでした。

壊相は兄弟のために、兄弟が望むのであればそれに殉ずるだけだと考えるのでした。

釘崎、反撃開始

出典:呪術廻戦60話より

すでに勝負がついたと思っている壊相は「辛いようでしたら、今すぐ殺して差し上げましょうか?」というのでした。

そんな壊相の様子を見て、釘崎は当たれば勝ちである2人の術式は強いと認め、「でも残念。私との相性最悪だよ!」と告げます。

釘崎は、芻霊呪法すうれいじゅほう「共鳴り」を発動し、相手の血液を浴びている自分の腕にを刺したのです。

釘を刺した瞬間、壊相と血塗は共にダメージを受けます。

それぞれの術式で、お互いダメージを受け続けることになったため、釘崎は「我慢比べしよっか」と挑戦的に微笑むのでした。

呪術廻戦60話の登場キャラクター

呪術廻戦60話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

60話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 釘崎野薔薇(くぎさきのばら)
  • 壊相(えそう)
  • 血塗(けちず)
  • 壊相(ちょうそう)
  • 加茂憲倫(かものりとし)

呪術廻戦60話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦60話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
壊相 蝕爛腐術 極ノ番「翅王」しょくらんふじゅつ ごくのばん「しおう」
壊相 蝕爛腐術「朽」しょくらんふじゅつ「きゅう」
釘崎野薔薇 芻霊呪法「共鳴り」すうれいじゅほう「ともなり」

次回のあらすじ

呪術廻戦61話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】61話あらすじ・ネタバレ【虎杖の黒閃、炸裂】

続きを見る

-ネタバレ・考察

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-