ネタバレ・考察

【呪術廻戦】37話あらすじ・ネタバレ【呪力の流し方を東堂に教わる】

呪術廻戦37話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦37話京都姉妹校交流会-団体戦④-(きょうとしまいこうこうりゅうかい-だんたいせん④-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

東京校は、京都校が纏まって行動していることに気づき、虎杖を殺そうとしているのではないかと考えます。

一方、虎杖と東堂は、戦いを続けていましたが、東堂は逕庭拳(けいていけん)の時間差でぶつかってくる呪力に違和感を抱き、
ちっっっがーう!
と叫ぶのでした。

三輪は真希に、虎杖を殺そうとしたことを謝罪し、自分は違う理由を真希に話します。

三輪は、

  • 弟がいること
  • 家族のために昇級してお金を稼ぎたいこと

を真希に伝え、善人の三輪を真希は心配します。

東堂は虎杖に、逕庭拳は悪癖と言い、さらに強くなるために二人は戦いを再開するのでした。

呪術廻戦37話のあらすじ・ネタバレ

虎杖の成長

虎杖は東堂との戦いで、先ほどまでは無かった動きを見せ、確実に成長していきます。

東堂も虎杖の成長に
成長している。東堂葵(オレ)を食らって!
と嬉しそうにします。

虎杖は東堂にさらに攻撃を加えて、東堂の態勢を崩そうとします。

ガラ空きの東堂の顔面に、逕庭拳を与えようとしますが、東堂は虎杖の拳を額で受けます。

東堂は倒れず、起き上がり、
オマエに食ってほしいのはそこじゃない
と虎杖に言いました。

東堂は、逕庭拳は人間離れした身体能力に、通常遅れることのない速度の呪力が、遅れることで生まれると説明し始めます。

トリッキーだ。並みの術師では何が起こったか分からず、混乱するだろう。威力も充分。その程度の奴が相手ならな!
と逕庭拳の強みを教えます。

しかし
特級には通じないぞ
と逕庭拳はまだ、強敵には通じないことを伝え、
どうする親友
と虎杖に問いかけます。

・・・俺の全力にドンピシャで呪力を乗せる
と考えて虎杖は答え、東堂も
good
と虎杖の考えを誉めました。

呪力の流し方

次に東堂は、なぜ逕庭拳で呪力が遅れてしまうのか虎杖に教え始めます。

それは呪力を【流して】いるからだ
と東堂は言いますが、虎杖は頭の上に?を浮かべて
いや・・・流す速度を上げようって話だろう?
と聞きます。

  • 負の感情から捻出された呪力は、臍を起点に全身に流すのがセオリー
  • 逕庭拳は臍から胸を通り、肩・腕そして拳へと呪力を【流す】
  • この体の部位で分ける意識が、呪力の遅れを生む

と、藤堂は虎杖に教えます。

また、

  • 【呪力を流す】これ自体は間違いではない
  • しかし、それは【初歩】である
  • 【呪力を流す】ことに意識を囚われすぎてはいけない

と、東堂は言いました。

俺達は、腹でモノを考えるか?頭で怒りを発露できるか?いいか虎杖。
俺達は全身全霊で、世界に存在している。当たり前過ぎて、皆忘れてしまったことだ

と冷静に東堂は、虎杖に呪力の理を教えるのでした。

虎杖はその言葉に、何かを掴み
ありがとう東堂。なんとなく分かった
と、感謝し、また戦うために呪力を篭めます。

東堂も
・・・もう言葉はいならいな
と言い、二人は再度、拳を合わせます。

手加減はしない。全力で導く!死ぬなよ虎杖!登ってこい高みへ!
と、東堂は存在しない記憶と共に、虎杖をさらなる高みへ導くために戦うのでした。

釘崎の怒り

西宮を発見した釘崎は、
ねぇアンタ、そっちの学長(ジジィ)から虎杖殺すよう言われたでしょ?
と問います。

西宮は釘崎に、
え?何ソレ
と知らない振りをします。

釘崎は、
隠さなくていい
としつつ
私だって殺すつもりでやるし、特にアイツ、真依とか言い真希さんの出涸らし
と西宮を煽ります。

西宮も釘崎の発言に、
はぁ?
と怒ります。

西宮の怒る姿に釘崎は、
「はぁ?」じゃねぇよ。ペッパー君でも、もうちょいまともなレスポンスするわよ。
あぁ、そういやそっちのメンバーにもいたわね、ペッパー君。
スクラップにして不法投棄しようかしら
と一気に捲し立てます。

釘崎も怒っており、その姿を見たパンダは、怖い…と思うのでした。

メカ丸の襲撃

森の奥でチカッと何かが光った瞬間、パンダの左肩付近を狙撃され、その場に倒れてしまいます。

釘崎の後ろの茂みからメカ丸が現れ
デ、誰がペッパー君だっテ?
と釘崎に聞きます。

西宮は木の上から、降りてきて
この一年は、私がカワいく叩き直す。
真依ちゃんの苦労、女が呪術師として生きていく意味、諸々教えて込んでやる

と釘崎に怒りを露わにします。

その瞬間
なんちって!
とパンダは起き上がり、メカ丸の頭部に一撃攻撃を与えます。

出たがりか?コソコソ隠れて援護に徹しろよ。ま、仲良くやろうぜ。呪骸同士(おなかまどおし)
とメカ丸にパンダは言いました。

パンダのこの一言で、
人形風情ガ、知った口ヲ・・・!
と右腕を変形させて戦闘態勢に入ります。

メカ丸の姿を見て、
やれやれ、呪霊狩りはどこへやら
と、パンダは呆れながらも構えて、戦闘を受け入れるのでした。

呪術廻戦37話の登場キャラクター

呪術廻戦37話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

37話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 釘崎野薔薇(くぎさきのばら)
  • パンダ(ぱんだ)
  • 東堂葵(とうどうあおい)
  • 究極メカ丸(あるてぃめっとめかまる)
  • 西宮桃(にしみやもも)

呪術廻戦37話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦37話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
虎杖悠仁 逕庭拳けいていけん

-ネタバレ・考察

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-