ネタバレ・考察

【呪術廻戦】134話あらすじ・ネタバレ【遂に夏油の正体が判明!】

呪術廻戦134話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦134話渋谷事変51(しぶやじへん51)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

宿儺と漏瑚との戦いに巻き込まれた日下部とパンダは、瓦礫に埋もれながらも生きていました。

虎杖の身体を乗っ取った宿儺による惨劇を目の当たりにした日下部は、パンダのように虎杖側につく意思はなく、むしろ死刑に賛成します

一方、虎杖と交戦して放心状態だった脹相は、虎杖の正体を知るために再び戦場へと向かいます。

虎杖はあと少しで真人を倒せるというところでしたが、突如として五条を封印した夏油が現れ、虎杖と交戦します。

戦いの最中、真人が突然夏油に手を出しますが、逆に夏油によって手のひら大の黒い球に姿を変えられてしまうのでした。

呪術廻戦134話のあらすじ・ネタバレ

夏油のたくらみ

真人を球に変えてしまった夏油は、術式「呪霊操術 極ノ番『うずまき』」について虎杖に語り始めます。

呪霊操術 極ノ番「うずまき」の説明

  • 極ノ番(ごくのばん)」は領域を除いたそれぞれの術式の奥義のようなもの
  • うずまき」は呪霊操術の極ノ番
  • 取り込んだ呪霊を一つにまとめて超高密度の呪力を相手にぶつける
  • 準1級以上の呪霊に対して使用した時に対象の術式を抽出できる

虎杖は夏油の話を黙って聞いていますが、何かを待っているようです。

そして語り終えた夏油は、真人の術式を抽出した球を飲み込んでしまいます

京都校の面々による総攻撃

その時夏油の上空では、箒に乗った京都校の西宮が光で合図を出しており、どうやら虎杖は西宮の気配に気づいて攻撃を待っていたようですが、夏油もすでに西宮の存在に気がついていました。

西宮の真下にいる夏油に向かい、同じく京都校の加茂憲紀が矢を放ちますが、夏油には避けられてしまいます。

すかさず真依がライフルを放ちますが、夏油は呪霊によってこれを防ぎ、「狙撃銃か いいね」「私も術師相手であれば通常兵器は積極的に取り入れるべきだと思うよ」と余裕の表情を浮かべます。

さらに、その背後には剣を構えた三輪が立っており、母親の負担になりたくなかったため、ひたすら刀を振るっていた過去を思い返しています。

もう二度と刀を振るえなくなっても!!!」という覚悟を乗せて「シン・陰流『抜刀』」を放ちますが、夏油は素手で刀を受け、そのまま折ってしまいます。

夏油はすかさず三輪に対し、「極ノ番『うずまき』」を発動しようとします。

乱入する日下部、パンダ、そして脹相

夏油が術式を発動しようとした瞬間、シン・陰流の使い手である日下部が、三輪たちを助けるために放った技により、突然ドウッという大きな音を立てて夏油の目の前に大きな穴が開きます。

夏油は「シン陰か…よかったよ」「少しは蘊蓄うんちくがある奴が来てくれて」と表情を崩しません。

日下部と行動を共にしていたパンダも、加茂と一緒に虎杖の元へ駆けつけ、虎杖が宿儺から戻ったことを確認して安堵します。

そしてこの戦場にもう一人たどり着いたのが、虎杖を追ってきていた呪胎九相図の長男、脹相でした。

ついに明らかになった夏油の正体

夏油の姿を目の当たりにした脹相は、夏油の正体が加茂憲倫(かものりとし)であるということに気付き、激高します。

加茂憲倫の説明

  • 脹相をはじめとする呪胎九相図の産みの親に自身の血を混ぜた
  • 母親を弄んだことから脹相には憎まれている
  • 史上最悪の術師と呼ばれる加茂家の汚点
  • 中身は150歳を超えている
  • 「加茂憲倫」も数ある名前の一つにすぎない(何度も肉体を乗り換えている?)

その名前を聞いて「私!?」と驚く京都校の加茂憲紀と、それを見つめる虎杖とパンダ。

虎杖との兄弟の記憶を思い出した(植え付けられた?)脹相は、弟である虎杖を殺すように仕向けた夏油に向かって攻撃を仕掛けようとしますが、裏梅にさえぎられてしまいます

それに対して脹相は血走った眼で「どけ!!!俺はお兄ちゃんだぞ!!!」とすごむのでした。

呪術廻戦134話の登場キャラクター

呪術廻戦134話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

134話登場キャラクター

  • 虎杖悠二(いたどりゆうじ)
  • パンダ
  • 西宮桃(にしみやもも)
  • 加茂憲紀(かものりとし)
  • 禪院真依(ぜんいんまい)
  • 三輪霞(みわかすみ)
  • 日下部篤也(くさかべあつや)
  • 庵歌姫(いおりうたひめ)
  • 夏油傑・加茂憲倫(げとうすぐる・かものりとし)
  • 脹相(ちょうそう)
  • 裏梅(うらうめ)

呪術廻戦134話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦134話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
夏油傑・加茂憲倫 呪霊操術 極ノ番「うずまき」じゅれいそうじゅつ ごくのばん「うずまき」
三輪霞 シン・陰流「抜刀」しん・かげりゅう「ばっとう」

次回のあらすじ

呪術廻戦135話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】135話あらすじ・ネタバレ【裏梅の強さ】

続きを見る

-ネタバレ・考察

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-