呪術廻戦用語解説

【呪術廻戦】呪術師(じゅじゅつし)とは?

呪術師

呪術廻戦に登場する呪術師(じゅじゅつし)について解説します。

呪術師(じゅじゅつし)とは

呪術師とは、呪霊を祓う(殺す)ことができる人間のことです。

呪霊は負の感情である呪力をもとに生まれますが、呪術師は自らの意思で呪力を操る(コントロールする)ことができます。

呪霊は呪力による攻撃しか効かないため、呪術師は呪霊を祓える(殺せる)唯一の存在となります。

呪術師の多くは、呪術界と呼ばれる組織のなかに所属しています。

呪術界の組織のなかには、虎杖たちが通っている呪術高専などがあります。

呪術師の歴史

呪術師は両面宿儺が生きていたとされる、1000年以上前から存在していたとされています。

特に強力な呪術を用いることができたのは、御三家と呼ばれる以下の3つの家系です。

御三家

  • 五条家(ごじょうけ)
  • 禪院家(ぜんいんけ)
  • 加茂家(かもけ)

これらの家系の呪術師が使用する術式は以下のとおりです。

家系 術式
五条家 無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)
禪院家 十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)
加茂家 赤血操術(せっけつそうじゅつ)

呪術師の等級

各呪術師にはそれぞれ等級が設定されていて、特級から4級まであります。

呪霊にも等級がありますが、同じランクの呪術師と呪霊が戦った場合は、呪術師が勝つケースが多いです。

2級呪術師は2級呪霊より強く、1級呪術師は1級呪霊よりも強いということが言えます。

また、呪霊を祓う際には以下の行動ルールがあります。

等級による行動ルール

  • 3級…複数人のチーム行動が義務化
  • 2級…単独での行動が可能

1級以上の呪術師は給料が高い

呪術師の多くは2級と準1級(1級の手前)とされていて、1級以上の呪術師になれるのは、ほんの一握りです。

1級以上の呪術師にはそれなりの危険が伴いますが、その代わりに給料(報酬)も高くなります。

-呪術廻戦用語解説

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-